Hair Washing

髪の洗い方

 

●米ぬか酵素シャンプー

天然物系(天然物そのものが成分)のシャンプー。成分は米粉と米ぬかとふすまのみの完全無添加。有益微生物酵素の力で洗います。適度な洗浄力でケミカルダメージが少ない髪ならサラサラで艶やかな仕上りに。(みんなでみらいを 米ぬか酵素シャンプー使用)


How to use >

1. 米ぬか酵素シャンプーをつくる

ドレッシングキーパーなどの容器に、米ぬか酵素シャンプーとお湯を適量(目安:ミディアムヘアで、小さじ2〜3杯ぐらいに対して約100ccのお湯)よく振って混ぜます。

 

2. 髪と頭を洗う

お湯で予洗いした髪と頭皮に米ぬか酵素シャンプーの入ったボトル(ドレッシングキーパーなど)のノズル先端をつけて、全体に行き渡ったらマッサージするようにして洗って下さい。少しの泡立ちがあります。

 

3. 酸リンスでphを調整する

よくすすいだ後、大きめの洗面器にお湯を貯め、パウダー酸リンス、もしくはお酢などの酸を適量溶かします。その洗面器に頭を浸けて頭皮と髪全体に万遍なく行き渡らせるようにしっかりとリンスしてからお湯でよくすすぎます。米ぬか酵素シャンプーはアルカリ性ですのでこの作業でphを弱酸性に戻します。さらにキューティクルの引締め効果もあり、髪の毛がツルツルになります。使用する酸によっては髪のきしみが強く出る場合がありますのでご注意下さい。MOONSOAPパウダーリンスがオススメです。酸リンス後、基本的にはヘアトリートメントは不要ですが、ヘアダメージが大きい場合やヘナやインディゴによるハリコシが強過ぎる場合などはMOONSOAPクロミツパックを使うと柔らかくしっとりした質感に仕上がります。


Item >

米ぬか酵素シャンプーみんなでみらいを 米ぬか酵素シャンプー)

天然物系(天然物そのものが成分)のシャンプー。成分は米粉と米ぬかとふすまのみの完全無添加。有益微生物酵素の力で洗います。

適度な洗浄力でケミカルダメージが少ない髪ならサラサラで艶やかな仕上りに。

【全成分】 米粉、米ぬか、小麦ふすま(小麦ぬか)

 

ムーンソープ スウィートオレンジスノー(酸リンス)

石けんシャンプーや米ぬか酵素シャンプー後のpHを整え、きしみや石けんカスの発生を抑え、髪をつるつるに仕上げる弱酸性リンス。スキっとしたシトラスの香り。ビタミンBたっぷりのヒッポーオイルとフケを抑制し、清潔な頭皮を保つローズマリーと気持ちを明るくするオレンジ精油の配合です。

【全成分】クエン酸、キサンタンガム(保湿成分)、甘草エキス(保湿成分・天然色素)ウミクロウメモドキ(ヒッポファエオ)、油(天然色素・天然ビタミン)、スウィートオレンジ精油、ローズマリー精油、シナモン精油

※「ピンクフラワーシャーベット」ラベンダーの香りもございます。

 

Depends on >

ムーンソープ クロミツヘアパック

肌のトリートメントとしても優秀で安心な成分だけで作られたヘアパックです。黒糖ミネラル、ホホバ・葡萄油が髪にまとまりと柔らさ、艶を与えます 。ダメージヘアも指通りよく滑らかにし、ヘナやインディゴで染めた髪にも相性抜群です。フレンチ&ブルガリアンラベンダーW処方の香りに癒されます。

【全成分】 水、ヤシ油アルキルグルコシド(ナチュラル認証)、タンジェリンエッセンシャルオイル(USDAオーガニック認証)、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド(自然由来)、アメリカヤマナラシ樹皮エキス(ワイルドクラフテッド)、パンテノール(自然由来)、クエン酸(ナチュラル認証)